コラム「夏の水遊びにも最適な彩木ウッドデッキ(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

夏の水遊びにも最適な彩木ウッドデッキ(前編)

2017.06.26
夏の水遊びにも最適な彩木ウッドデッキ(前編)

水と相性の良い素材とは?

 

 夏はウッドデッキが活躍する季節です。特に、子供用プールでの水遊びなどは、夏のウッドデッキの醍醐味の一つでしょう。しかしながら、ここで問題となるのが「水とウッドデッキ」の問題です。水に弱いウッドデッキでは、使用後のことを考えると、思う存分に水遊びを楽しめません。

 天然木は水を吸ってしまうので、当然、水との相性はあまりよくありません。もちろん、塗装などで防水処置を施すことはできますが、限界はあるでしょう。では、人工木材なら問題はないのかというと、これも慎重に選ぶ必要があると言えます。

 

 31338194481_03accce1aa_z

 

木粉樹脂と彩木の違い

 

 人工木材でも水を吸収するものもあります。例えば、木粉樹脂はその一つです。樹脂に木の粉を混ぜて作るため、木粉が水を吸ってしまいます。一度、水を吸収すると輪ジミができることもあります。木粉樹脂の輪ジミはサンドペーパーなどで削り取ることができますが、その部分は凹んで水が溜りやすくなります。また、プラスチック材の上に木粉樹脂を数ミリ被覆する構造のものだと、削りすぎると下地のプラスチック材の色が見えてしまいます。

 彩木ウッドデッキは水に強い構造です。表面の高密度発泡ウレタン樹脂は、水の吸収率が非常に低く、製品内部に水を浸透させません。そのため、水がウッドデッキにまき散らしても問題がなく、思い切り水遊びを楽しむことができるのです。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る