コラム「窓下を飾る彩木フラワーボックス(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

窓下を飾る彩木フラワーボックス(前編)

2018.04.21
窓下を飾る彩木フラワーボックス(前編)

 

窓にアクセントを加える

 

 住まいの中に光や風、風景を屋内に取り込む窓は、外観の印象にも大きく関わっています。そんな窓にアクセントを加える建具の一つが、窓の下に設ける「フラワーボックス」です。ヨーロッパの住宅建築でよく見られる建具で、その名の通り花の鉢植えを置いて、室内から窓越しに見える風景に花を添えるのがメジャーな利用方法です。その他には、小さなお子様の転落防止に取り付ける方も多いでしょう。柵の高さが長いものになると、布団などを干すのにも役立ちます。フラワーボックスは西洋の文化ですが、日本住宅でも「肘掛け窓に高欄」などが、似たような機能として挙げられると思います。

 

9561636102_ee0ecc60ba_o

 

 

さまざまな様式の住宅と合う

 

 彩木シリーズでは2つのバージョンが「フラワーボックス」として製品化されています。どちらも彩木の板を二枚横に縦積みしたデザインで、「飾り鋲」の有無が大きな違いとなります。カラーは唐茶、桧皮、古木の3色です(白茶はありません)。横幅のサイズは1060mm、1515mm、1970mmの3種類を用意しています。

 彩木のフラワーボックスは、自然物である草花とも見た目の相性がよく、天然木の風合いという優しいアクセントを外観に加えてくれます。和の様式から、シンプルモダン、洋風の住まいまで、さまざまな外観で採用されてきた実績があります。次回は、「彩木フラワーボックス」の導入事例を紹介します。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る