【LIMIAで掲載されました】ウッドデッキをDIY!手触りも見た目もほぼ天然木の素材に驚き

【LIMIAで掲載されました】ウッドデッキをDIY!手触りも見た目もほぼ天然木の素材に驚き

この記事をシェアする

facebook Twitter line

LIMIAで掲載されました。

https://limia.jp/idea/316325/

 

天然木のウッドデッキは、雰囲気のある見た目で触り心地もいいのですが、その美しさや木材自体が長くは持たないというデメリットも。だからといって、天然木の風合いを諦めて耐久性のある人工木材にするにも悩む……。それなら、天然木と人工木材のいいとこ取りを叶えた夢のような建材を取り入れれば解決! 大工さんも天然木に見間違える、人工木材をご紹介します♪

 


目次
01.ウッドデッキには憧れるけど、天然木はメンテが大変そう……
02.天然木を再現したウッドデッキにぴったりな建材《彩木》
03.耐久性バツグンな上にメンテナンスは水拭きでOK!
04.丈夫で美しいウッドデッキで、もっと暮らしに楽しみを♪


 

ウッドデッキには憧れるけど、天然木はメンテが大変そう……


爽やかな風、暖かな太陽の日差しを感じながら、天然木のウッドデッキでのんびりと過ごすことに憧れる方は多いのではないでしょうか?

しかしウッドデッキは、雨風など外の環境にさらされるため、刻々と劣化し色あせたり、ささくれ立たったり、腐ってしまったりと設置すぐのキレイな状態を保つのは難しいもの。一方で、耐久性の強い人工木材を検討するにしても、よくあるデザインは木目が真っ直ぐで、せっかくのくつろぎ空間の雰囲気が味気なくなってしまうことに。

「どちらも選べない……」と、ウッドデッキを諦めてしまう前にぜひ見て欲しいのが〔MINO〕の人工木材《彩木》! 天然木と人工木材のいいとこ取りな建材なんです。

 

天然木を再現したウッドデッキにぴったりな建材《彩木》


まず上記の写真をご覧ください。「天然木」か「人工木材」か、どちらでしょうか?

答えは人工木材です! 家づくりのプロである大工さんさえも、天然木と見間違えるほどの高いデザイン性が《彩木》の特長のひとつ。

「木の質感を作る」ことを目的に素材から開発し、本物の天然木の木目を型取り、陰影をつけて塗装をしているのでより天然木に近い表情が再現できているんです。

再現しているのは見た目だけではありません。本来の木よりも、少し深めに凹凸を付けることで適度な感触を残し、手や足で触れたときの天然木の心地よさも再現しているんです。

 

耐久性バツグンな上にメンテナンスは水拭きでOK!


《彩木》は人工木材なので耐候性・耐久性が高いのも魅力! 紫外線で色も抜けにくく、美しさを保ったまま長く庭を彩ってくれます。

さらに天然木のようにささくれが出ないうえに、熱くなりにくい断熱性の高いウレタン素材を使っているので、素足のままでのびのびと過ごすことができます♪ 芯材にアルミを使用し、建材そのものの強度もバツグンです。

しかも、お手入れもとっても簡単なんです! 汚れがついたときに、水でぬらした布で拭けばいいだけ。

独立発泡体という素材でできているため水を含まず、汚れがついても簡単に流れ落ちます。水が染み込まないということは、本物の木のように腐らずにカビやシミに悩まされることもありません。

 

丈夫で美しいウッドデッキで、もっと暮らしに楽しみを♪


椅子やテーブルを持ち出して、家族でまったり食事をするのもよし! 友人をたくさん招いてウッドデッキの上でBBQも楽しむもよし! ウッドデッキがあれば暮らしの中にもっと楽しみが生まれます。ウッドデッキ作りを実行に移すなら、天然木にそっくりで丈夫な《彩木》を使ってみてくださいね。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る