コラム「あやかの彩木探訪!
石材と彩木のコントラスト(その02)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
石材と彩木のコントラスト(その02)

2018.05.31
あやかの彩木探訪!<br>石材と彩木のコントラスト(その02)

 

こんにちは!

彩木シリーズのイメージキャラクターを務めます彩華と申します。

 

前回に引き続いて、石材と彩木のコントラストをテーマにお話を進めていきます。

 

石材も色や表面の凹凸の具合、デザインなどによりさまざまな表情を見せてくれる建材です。住まいの外観がとても上品な仕上がりとなるので、サイディングなどの石材調の建材もとても人気です。彩木シリーズも石材調の中に、ワンポイントとして登場してきます。今回からは、いくつかの事例を紹介いていきたいと思います。

 

37351630870_d50c8857d7_z

 

上の写真は茶系の色合いでまとめた事例です。住まいの外観は全体的に白のレンガ風を基調としています。そこに茶系を取り入れて、外観への色味をプラスしている構成ですね。茶系の部分は、ベランダの外装をはじめ、玄関の扉、1階のウッドデッキなどに存在します。もっとも目立つ、ベランダの外装部分に「石材+彩木」が採用されていますね。落ち着いた趣きを感じる茶系の石材の上部に、木調の彩木を配することで、温かな印象をさらに強調する役割も果たしていると思います。

 

日本の住宅街に溶け込む自然なデザインながら、どこかヨーロッパ、特に南欧を感じさせてくれる外観にまとまっているように、わたくし彩華は感じました。石も木も、万国共通の素材であり建材です。組み合わせによって、さまざまなテイストが可能となることを、改めて発見させてくれる事例だと思います。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る