コラム「二世帯住宅でのウッドデッキ活用術」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

二世帯住宅でのウッドデッキ活用術

2018.09.08
二世帯住宅でのウッドデッキ活用術

 

一つ屋根の下の距離感

 

 二世帯住宅を建てる際に、多くのケースで気を配るのが、両世帯の距離感ではないでしょうか? 一つ屋根の下に住むとはいえ、玄関を別々にするのをはじめ、屋内をそれぞれ独立した間取りにすることも少なくないでしょう。しかし、ほどよい交流の持てる空間がまったくないのも寂しいのではないでしょうか。

 

98b6224f269779f260f29754321096ce_s 

 

世帯間のコミュニケーションを円滑にする

 

 二世帯住宅において、「丁度良い距離感」を保ったまま、両方が交流することができる空間を作るのに、ウッドデッキはとても有効的に機能します。例えば、それぞれの世帯の屋内を連結するように、建物の中心にウッドデッキを配置すれば、互いの屋内を干渉することなく、自然と二世帯が交わる空間となるでしょう。ウッドデッキは半外空間という、屋内とも外(庭)とも違う場所であるため、特別な印象もあるので領域の区別がはっきりとするのも良い点でしょう。

 ウッドデッキは親子の語らいや、祖父母と孫が遊ぶコミュニケーションな場所として、二世帯住宅での暮らしを円滑にする効果が期待できます。特に、屋根付きのウッドデッキにすると、利用方法の幅が広がり、とても活躍してくれると思います。二世帯住宅を検討している方は、「コミュニケーション空間としてのウッドデッキ」を一度検討してみてください。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る