コラム「あやかの彩木探訪!
ベランダに我が家の食堂を作ろう(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
ベランダに我が家の食堂を作ろう(前編)

2018.12.06
あやかの彩木探訪!<br>ベランダに我が家の食堂を作ろう(前編)

 

こんにちは!

彩木シリーズの魅力を紹介するイメージキャラクターの彩華(あやか)です。

 

バルコニーやベランダを洗濯物干し場だけではなく、もっと活用して暮らしのシーンに取り込みたいという人が増えていると思います。そんな方にお勧めしたいのがウッドデッキを敷設です。ウッドデッキを設けてバルコニーやベランダをリノベーションすると、屋内との連続性が強くなり、外空間だけど中空間のように使えるスペースに変身します。

 

ウッドデッキを敷いたベランダはさまざまな利用方法が考えられます。もっともポピュラーなのは「第2のリビング」という使い方でしょう。そこで今回は、もう少し突っ込んで「我が家の食堂」を彩華は提案したいと思います。

 

毎日、ご家族で食卓を囲む屋内のリビングとは少し趣を変えて、「海外のパティオ」や「カフェの屋外スペース」のような、ご家族の好みを全開にした食事やお茶を楽しむ空間を作ると、暮らしのシーンはとても広がります。お家に居ながらにして、外で食事をとっているような、非日常感を味わえるが最大の魅力でしょう。お天気や気分によって、リビングとベランダの食卓を選べるのも楽しいですね。「今日はベランダで食べたいから、この料理を作ろう」などという、日常の中の変化や気分転換が自然と生まれるのも、彩華が「我が家の食堂」をお勧めしたいポイントです。

 

次回からは、「我が家の食堂」を作り込んだベランダの実例を交えて紹介していきます!

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る