コラム「あやかの彩木探訪!
彩木に植栽をプラスしませんか?
(鉢植え編03)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
彩木に植栽をプラスしませんか?
(鉢植え編03)

2018.12.27
あやかの彩木探訪!<br>彩木に植栽をプラスしませんか?<br>(鉢植え編03)

 

こんにちは!

人工木材を超えた彩木シリーズの良さを皆様にお伝えしたい彩華(あやか)です。

 

今回まで連載してきた「植栽をプラスしませんか?」というシリーズは、彩木ウッドデッキで「天然の趣き」をより演出するために、「樹木や草花で香りを加えてはいかがでしょうか?」という提案から始めました。ただ、外に置く鉢植えには香りが強い植物ほど、虫が寄り付いたり発生することも多くなります。そこで今回は、観葉植物にとって厄介な虫の予防法を少し紹介していきます。

 

 dad437b165e4ea92c58e15468c240079_s

 

もっとも簡単な方法は、薬剤の散布でしょう。ホームセンターなどに行けばさまざまな種類が揃っています。ただし、小さなお子様やペットがいて薬剤を使いたくないという方もいると思います。そんな方には、以下の方法がお勧めです。

 

7d8a698d7f967747a35bb29eaf2516bb_s

 

コバエなどの小さな虫は、土の表面に卵を産みます。そこで、土の表面に無機質である砂利玉やバーミキュライト、化粧砂などを敷き詰めると効果的です。また、土の通気性を良くすると虫の発生を抑えられます。鉢植えの底に、鉢底石をしっかりと入れてください。水はけの良い土を使うのも有効です。

 

11335287876_921e838a13_z

 

ウッドデッキを汚さないように受け皿を使っている場合は、ここに溜まる水から発生する虫もいるので、水を捨てるようにしてください。これらを気を付けるだけでも、随分と虫の発生を抑えられると思います。もし、虫が湧いてしまったら、表面の土を取り除いて砂利玉などを入れてみてください。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る