コラム「あやかの彩木探訪!
ベランダやバルコニーの板の向きは?(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
ベランダやバルコニーの板の向きは?(前編)

2019.01.11
あやかの彩木探訪!<br>ベランダやバルコニーの板の向きは?(前編)

 

こんにちは!

彩木の魅力を余すことなくお伝えしたい彩華(あやか)です。

 

ウッドデッキの印象を大きく決定づける要素は、板材の素材と表情、そして色だと思います。しかし、忘れてならないのがもう一つあります。それが板の並べる向きです。今回は、2階以上のベランダやバルコニーについて考えていきます。

 

以前にも当コラムでは、ガーデンデッキにおける板の向きの考察はしています。簡単におさらいすると、ガーデンデッキの場合は、建物に対して平行に板を並べると「ウッドデッキ」という印象が強くなり、垂直・縦に並べると「縁側」に近いイメージになります。

 

37561248266_16537e6f4a_z 31083688580_151bb9ff15_z

 

 上の2つを見比べても受ける印象が随分違うと思います。カジュアルな感じに外観をまとめたいなら「平行・横」向きを、和の趣きをプラスしたいなら「垂直・縦」向きを選択するのが良いのではないでしょうか。

 

では、2階以上の場合はどうでしょうか――。

 

ガーデンデッキと比べて条件として大きく違うのは、空間がより限定されているという点でしょう。ガーデンデッキの場合は、室内と庭をつなぐスペースとしても機能します。つまり、デッキ部分の先に庭が広がり「室内+半外(ガーデンデッキ)+庭」となりますが、ベランダやバルコニーの場合は「室内+半外(ベランダ・バルコニー)」という関係になるわけです。

 

さてさて、具体的な検証は次回から、実例を交えて紹介していきます!

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る