コラム「階段のある彩木ウッドデッキ実例紹介04」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

階段のある彩木ウッドデッキ実例紹介04

2019.02.24
階段のある彩木ウッドデッキ実例紹介04

 

 

2つの大きなウッドデッキ

 

 階段のある彩木ウッドデッキの今回は番外編ともいえる実例を紹介します。上の写真では高さの違う広いウッドデッキが2つあるようなデザインとなっています。建屋に入り込んでいる内側のウッドデッキは縦に板が配されており、外に出ている部分は板が横に並べられています。板の並びでコントラストを出しており、同じウッドデッキでも役割の違いを感じることができます。屋根の下にあることも大きいですが、内側のウッドデッキは建屋の延長であり、外側のウッドデッキは庭との緩衝地帯という印象です。また、外のウッドデッキの前には石材のテラス部分は、写真右奥の砂利との対比で、入り口の佇まいが感じられます。石材のテラスから、外側のウッドデッキ、内側のウッドデッキ、建屋と、緩やかに空間の連続性が保たれているといえるでしょう。

 

46352958812_b578eed488_z

 

ウッドデッキと石材の合わせ技

 

 次の実例も石材と彩木ウッドデッキが組み合わせた実例です。2方向で建屋の開口部とつながっており、1方向が庭へとつながるデザインとなっています。この実例では彩木ウッドデッキの厚みを一つ目の段差とし、石材のタイル部分に階段を続けています。彩木ウッドデッキの風合いは、石材とも非常によく合うので、このような合わせ技もよく見られます。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る