コラム「あやかの彩木探訪!
彩木唐茶とネイビーの組み合わせ(その02)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
彩木唐茶とネイビーの組み合わせ(その02)

2019.04.07
あやかの彩木探訪!<br>彩木唐茶とネイビーの組み合わせ(その02)

 

こんにちは!

彩木の魅力を皆様にたくさんお伝えしたい彩華(あやか)です。

 

今回は「ネイビー×ブラウン」の実例を見ていきます。

冒頭の写真のお宅では、外壁の色が1階は白色で2階がネイビーとなっています。

白とネイビーのコントラストが印象的な外観の中でアクセントとなっているのは、彩木バルコニー手すりを採用している2階のベランダ部分です。ここに彩木シリーズの唐茶が入っており、住まい全体に柔らかさをプラスしているように感じます。

 

ブラウンは土や木を連想させ、人に安心を与える色です。住空間で用いると、癒しや温もり感といった印象を与えてくれるでしょう。重厚感や高級感のあるネイビーと合わせて用いると、主張のあるネイビーに対して落ち着きを加える効果も期待できると思います。砕けた表現をすると、ネイビーとブラウンは凸凹コンビといった感じでしょうか。相反する特徴を持ち寄りながら、絶妙なバランスで調和を取るのだと思います。

 

45490909585_8d2fd52718_z

 

上の写真もベランダの手すりに彩木シリーズの唐茶が採用されています。こちらの住まいの外壁ではネイビーに加えて、グレーや白色など、複数の色が用いられています。その中にあって彩木シリーズの唐茶や、屋根の軒天井などに配されたブラウン系の色が、住まい全体をまとめる役割を果たしているのではないでしょうか。(次回に続きます)

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る