コラム「ウッドデッキに階段をつけよう」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキに階段をつけよう

2019.07.12
ウッドデッキに階段をつけよう

ウッドデッキに階段をつけよう

 

誰もが快適に使えるために

小さいお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、家族みんなでウッドデッキを楽しめるようにしたいのであれば、計画の段階で「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー設計」というキーワードを念頭に置くと良いでしょう。「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー設計」とは、年齢・国籍・性別などを問わず誰でも利用しやすいデザインのことを指します。

 

24368220122_c9b5e4a7d3_o640×480

 

ガーデンデッキの場合、室内との段差を作らないよう、室内とウッドデッキの床板の高さを合わせた設計にすると、(建物の設計によりますが)どうしても地面高と50㎝程度の差ができてしまいます。健康な大人であれば問題ありませんが、小さなお子様や高齢者には辛い高さです。この問題を解消してくれるのが、階段・ステップの設置になります。1か所あるだけでもウドデッキの利便性はグッと上がります。既にウッドデッキのある住まいでも、空いているスペースに階段・ステップを付け加えればOKです。

 

16910092732_61ab4d11af_o640×480

 

階段・ステップの段数は状況に応じて決めると良いでしょう。多くの場合は、1段か2段になります。

 

12231775343_9c240f3917_o640×480

 

階段・スッテップを全体のデザインの中に取り入れてウッドデッキを設計するのも良い方法です。周囲をぐるりと一段低い床にして階段・スッテップの役割も兼ねたり、そもそもウッドデッキの床高を2段にしたり、色々と方法は考えられます。

段差を取り入れたデザインにすると、フラットな部分が狭くなるという短所もあります。しかし、腰掛けることができたり、土足・室内履きの区別を作るなど活用方法に幅が出ます。ご家族の構成や利用シーンから階段・ステップの導入を検討してみてください。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る