白い彩木ウッドデッキ事例01

白い彩木ウッドデッキ事例01

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

珍しい白色の人工木材

 

 市場に流通する人工木材を見ると、白色の商品はあまり数がありません。それは、人工木材の多くが「メンテナンスが簡単」「汚れない」といった点を強みにしているのに対して、白色は他の色に比べて、どうしても汚れが目立ちやすいからです。その点、彩木シリーズは汚れを寄せ付けにくいことに加え、一旦汚れが付着しても、散水で簡単に洗い流せるため白色(白茶)もレギュラー商品としています。

 

エクステリアも白で統一

 

 冒頭の写真では、白茶色の彩木ウッドデッキが採用されています。外観が白色で統一されており、とても人目を引くデザインとなっています。想像するに、庭とウッドデッキをつなぐ階段部分などは、利用している間に足跡による汚れが心配になるでしょう。しかし、彩木ウッドデッキなら先ほども述べたように、掃除が簡単で長く施工当時の美しさを維持することが可能です。

 この物件では彩木ウッドデッキに合わせて「彩木フェンス」も取り入れられています。建物外壁、ウッドデッキ、フェンスと板が横に配されており、統一感のある空間に仕上がっています。フェンスの天辺には丸みを帯びた彩木でできた手すりが設けられています。この事例のように、エクステリアを白色に統一したい時は、彩木シリーズをぜひご検討ください。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る