• HOME
  • コラム
  • 彩木デッキレール事例02
    回廊型ウッドデッキを新設した民家(前編)
彩木デッキレール事例02<br>回廊型ウッドデッキを新設した民家(前編)

彩木デッキレール事例02
回廊型ウッドデッキを新設した民家(前編)

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

ウッドデッキで庭と屋内の高低差を解消

 

 今回紹介するのは、長年暮らしていたお宅に彩木ウッドデッキを新設した事例です。住まいの半面に回廊するようにウッドデッキを配し、併せて彩木デッキレールを取り付けました。ウッドデッキの床面は屋内の床と同じ高さに設定しています。地面とは高低差がありますが、周囲に壁(フェンス)を設けることで転倒・転落を防止しています。高低差は写真手前のように要所にステップを設けて解消。屋内とウッドデッキ、そして地面への移動を円滑に行えます。

 

 

より広さを感じる庭に

 

 手すりのある彩木デッキレールは、当然ながら手すりに手を添えることができます。この「壁際に移動しないとできない行動」が一つあるだけで、「つい壁のある端まで行きたくなる」という気持ちを後押ししてくれることでしょう。壁(フェンス)があることでウッドデッキの端から端まで、安心して有効に使える空間になります。今回の場合などは特に同じ敷地でも、彩木ウッドデッキと彩木デッキレールを導入してからの方が、住まいに広さを感じられると思います。また、庭の使い方や役割も改めて整理されたことでしょう。長年住んでいると「なんとなく」や「慣れ」などから、それほど活用されていない空間が出てくるものだと思います。そういった「可能性を秘めた庭」の再生にも彩木ウッドデッキは効果的です。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る