• HOME
  • コラム
  • 彩木デッキレールの事例01
    デッキレールで空間を有効活用
彩木デッキレールの事例01<br>デッキレールで空間を有効活用

彩木デッキレールの事例01
デッキレールで空間を有効活用

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

狭い部分に用いたデッキレール

 

 今回は最近施行した、彩木ウッドデッキとデッキレールの事例を紹介します。このお宅では庭に面した3つの開口部を、彩木ウッドデッキでつなぐように設計しています。暮らしの動線の充実度が一気に増し、屋内からウッドデッキへのアクセスが非常にしやすくなりました。

 庭との取り合いでウッドデッキの建物からの幅は2タイプに分かれています。幅の狭い部分は転倒や落下防止のために彩木デッキレールを採用しています。狭い部分も諦めることなくウッドデッキの一部として有効活用することができ、このお宅ではウッドデッキの端から端まで洗濯物干し場として使用しています。

 

 

メリハリのある庭を作る

 

 幅の狭いウッドデッキには手すりがあった方が何かと便利ではないでしょうか。彩木デッキレールの手すりは、手になじむ丸みのあるデザインで、不意にぶつかっても角が立っていないので衝撃を緩和してくれます。

 この事例のようにウッドデッキの一部に「彩木デッキレール」を用いると、ウッドデッキの役割やデザインにもメリハリができるでしょう。このお宅は敷地の状況に合わせて、必要な場所にデッキレールを取り付けた好事例といえます。

 

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る