コラム「周りの目が気になるときは目隠しフェンス」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

周りの目が気になるときは目隠しフェンス

2016.12.01
周りの目が気になるときは目隠しフェンス

エクステリアにせっかくお気に入りお気に入りのウッドデッキを設置したのに、外からの視線が気になってしまうこと、ありますよね。そんな時にオススメなのがデッキフェンスです。目隠しの効果は絶大です。フェンスを設置することは目隠しといったプライバシーの確保以外にも効果があります。ウッドデッキにフェンスを設置するメリットについてご紹介いたします。

1つ目のメリットがプライバシーの保護です。広い庭があれば話は別ですが、大半は隣家との距離が近かったり、道路に隣接している家が多いのではないでしょうか。このような場合、外からの視線が気になってしまうのは当然のことです。リラックスしたいのに、誰かから見られていたりしたら、気になってしかたないですよね。隣人の知り合いならまだしも、通行人に見られているとなると、防犯の観点でも気になってしまうと思います。知らない人と目が合うと、気まずい感じもあります。ウッドデッキを作ったのにただの飾りにしてしまうのはもったいないです。外からの視線が気になる方、防犯の観点で気になる方は目隠しの効果があるフェンスを合わせて設置することがオススメです。

2つ目のメリットは外観が良くなる点です。ウッドデンスの有無で外観の印象が格段に良くなります。特にウッドデッキでガーデニングを行う場合は、フェンスに木の素材を使うことで木や花などの植物との一体感がでてより、自然な庭を演出することができます。自然の中で優雅にお茶をしたり、みんなでワイワイとバーベキューをしたり、自慢のウッドッデッキになることでしょう。

フェンスを設置する際は高さと素材をしっかり考慮しましょう。せっかくフェンスで目隠しを期待していたのに、高さが足りなけば意味がありません。実際にウッドデッキをどのように使うかをしっかりイメージして、どれくらいの高さであれば外からの視線が気にならないか、十分にシミュレーションしましょう。また、素材選びも重要です。ウッドデッキと同様に、選んだ素材によっては定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスが面倒と考える方は、人工木材(樹脂木材)を選ぶとメンテンスの手間が省けるのでオススメです。見た目も大事なので設置するウッドデッキ、建物との調和も考慮してください。フェンスにも様々な色や形があるので、自分好みのおしゃれフェンスを設置して、ウッドデッキライフを満喫しましょう。

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る