コラム「あやかの彩木探訪!
白の眩しさはいつまでも――」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
白の眩しさはいつまでも――

2018.09.29
あやかの彩木探訪!<br>白の眩しさはいつまでも――

こんにちは!

彩木シリーズのイメージキャラクターの彩華(あやか)です。

 

彩木の中には、ポピュラーな薄い茶色の「唐茶」、深い黒っぽさのある赤褐色の「桧皮」、古民家などでよく使用される落ち着いた印象の「古木」、そして、カジュアルで明るい「白茶」の4色があります。各色はそれぞれに個性を持っており、どれもが空間の印象をビシっと決めてくれる力を持っています。

 

さて、彩木の色に対する前置きはこの辺にして、今回は「白茶」の事例を一つ取り上げたいと思います。

 

トップの写真をご覧ください。白い壁に白茶のウッドデッキを合わせていて、とても統一感があって素敵です。眩しさすら感じるこの物件ですが、気になるのは「いつまで新築の状態を維持できるのか?」ということではないでしょうか。

 

世の中にはまだまだ「白」の人工木材は少ないと聞きます。その理由は、汚れの問題があるからです。彩木が基本色に「白(白茶)」を入れているのは、汚れに対して自信があるからです。特殊コーティングで、水洗いと簡単な拭き掃除をすれば、たいていの汚れはサッと除去できるでしょう。また、紫外線による色の変化にもとても耐性があり、何十年と色の変化を感じることなく使用していただけます。

 

「やりたかったけど、天然木では難しい」を可能にするのが彩木シリーズです。もし、ウッドデッキの改修や新設を考えているなら、ぜひ、彩木ウッドデッキも候補に入れてみて、住まいが理想に近づけるかどうかを検討してみてください。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る