あやかの彩木探訪!<br>彩木に植栽をプラスしませんか?(お庭編01)   

あやかの彩木探訪!
彩木に植栽をプラスしませんか?(お庭編01)  

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

こんにちは!

彩木の空間をさらに良くする工夫をどんどん紹介していきたい彩華(あやか)です。

 

今回はお庭の彩木ウッドデッキの空間に、「天然の趣き」をさらにプラスする方法として植栽を配した実例を紹介していきます。

上の写真は、ウッドデッキの一角に土の部分を作り、シンボルツリーとなる細い樹木を配したデザインとなっています。白い壁と彩木の唐茶、そして緑の植栽がとても見事な配色となっていると感じます。

 

11334320236_d64928f7e3_z

 

こちらのお宅では彩木ウッドデッキを敷いた中庭のセンターに四角い穴を設けて、シンボルツリーを配しています。この写真で樹木がない場合を想像してみてください。上の写真と比べると、随分と充実感が変わってくると思います。例えば、この空間に木製のベンチが追加されれば、さらに外の感じやプライベートな公園といった印象が加わると思います。

 

さて、今回のテーマである嗅覚ですが、シンボルツリーに花の咲く樹木を選択すると、香りを強く意識できるでしょう。また、ローズマリーやレモンマートルなどのようなハーブ系の樹木もお勧めです。

 

ただ、いきなり土植えしたシンボルツリーを決めるのは、変更もきかないので「難しい…」と感じる方も多いと思います。そこで次回は、実例を交えながら鉢植えによる「天然の趣き」をプラスする方法をご紹介していきます。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る