コラム「あやかの彩木探訪!
ハーブで香る彩木ウッドデッキを(その02)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
ハーブで香る彩木ウッドデッキを(その02)

2019.08.05
あやかの彩木探訪!<br>ハーブで香る彩木ウッドデッキを(その02)

 

こんにちは!

彩木のマスコットキャラクターの彩華(あやか)です。

 

今回からは彩華が考える彩木ウッドデッキにお勧めのハーブを取り上げていきます。まずは、料理や美容、入浴などでも活躍してくれる「ローズマリー」です。

 

ローズマリーは古くから薬用に用いられてきたハーブです。原産地はヨーロッパで10月~5月にかけてブルーやホワイト、ピンクなどの小さな花を咲かせます。四季を通して緑色の葉を茂らせる常緑樹で、ヨーロッパでは悪魔を寄せ付けない神秘的な薬草として葬儀の際にも利用されていたようです。

 

甘くほろ苦い香りが特徴で清々しい清涼感があり、集中力や記憶力を高め、血行促進や殺菌効果などもあると考えられています。「若返りのハーブ」とも呼ばれたりしますね。

 

b862fd7dfba32f3b0f79f5a24e307aed_s

 

育てる際は、日当たりと風通しの良い場所に置いてください。水をやり過ぎるのはあまりよくありません。また、ジメジメする梅雨時期に切り戻しをしてサッパリとさせると良いでしょう。

 

ローズマリーは肉や魚料理にも良く使われていますよね。

香りづけという意味の他にも、ローズマリーにはカルノシン酸やロズマリン酸といったポリフェノールが含まれており、さまざまな効能が期待できるんです。葉を少しだけ紅茶などに入れるのもお勧めです。

 

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る