コラム「彩木バルコニー手すり事例02」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木バルコニー手すり事例02

2017.12.28
彩木バルコニー手すり事例02

 

アクセントとして住まいを飾る

 

 前回に引き続き、彩木バルコニー手すりの事例を紹介します。今回は板を3枚ほど縦に並べた彩木の面積が小さいデザインパターン(品番:AYMB04)です。面積が広いデザインパターンが外観の表情に強い印象を与えるのに比べて、面積の小さいデザインパターンでは、主にワンポイントとして印象に残るケースが多いと思います。

 

ワンポイントとして機能

 

 白い壁の住まいに用いると、天然木の横ラインがスッと入ったデザインとなり、外観にメリハリをつけてくれます。上品でさりげない印象にまとまる傾向があり、まさにワンポイントとして住まいを飾ってくれます。彩木の面積は少しですが、あるとないとでは外観の印象はずいぶんと違うものとなるでしょう。

 23757530878_04535097ba_z

 

他の建材の表情も生かす

 

 さまざまな外壁のデザインと「ぶつからない」という点も、面積の小さいデザインパターンの特徴に挙げられます。下の写真のように、石材調(レンガ調)のデザインの中に配しても、天然木と石材の両方の表情が共存しながら、外壁全体のグレードを高めている印象です。

 11332964003_e961e594f4_z

 

和風テイストには古木色がお勧め

 

 和風テイストを取り入れた外観には、古木色の彩木がよく合います。実際に彩木の板材は、古い町屋を再現した建物で、窓格子などに採用されることもあります。

11332911166_f9a3df6ba9_z

 

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る